褒めることは、愛である

この記事は1分で読めます

褒賞とは・・・

褒めてあげること、そして、賞を与えること、ご褒美を与えることを指します。

かつて古代の国では褒賞の与え方で、国がなるかどうかが決まりました。

それぐらい、主従関係の中で、付き従う者は、忠誠を、それに対し、主君は圧倒的な褒美を与えるものだったのです。

双方のバランスが崩れれば、亡国の憂き目に合うことになりました。

ただし、ここで言う褒美は、必ずしも金品、領土だけとは限りません。

ポジションを与えることや言葉で褒めてあげることも重要な褒賞の一つです。

自分が負担なく今できるのは、言葉によって、周囲の方々を褒めてあげることです。

仲間のことをたくさん褒めてあげて下さい。

家族や恋人のことをたくさん褒めてあげて下さい。

これは無償でできる周囲への愛です。

しかし、無償といってもその効果は絶大です。

褒められるほうも嬉しく、自信を取り戻し、また、あなた自身の心も美しくなります。

いやらしくなく、相手が特に頑張っているポイントを褒めてあげて下さい。

また、相手の生来持っている容姿や性格、特徴を褒めてあげるのもポイントです。

努力を褒めるのは当たり前。

その人が生来持っているものを褒めてあげるのが愛です。

なぜなら生来持っている部分は努力で変えられないし、天が与えたその人そのものだからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。